ウェブコンテンツ業界の構造について

ウェブコンテンツ業界の構造について記事一覧

ウェブ・コンテンツ業界の市場構造について

ウェブ・コンテンツ業界は、制作を担当するコンテンツ・プロバイダーと流通を担当するサービス・プロバイダーで構成されており、この二者にさまざまな事業者が付随し市場は複雑化しています。ウェブ・コンテンツ業界の制作と流通全貌が把握しづらいウェブ・コンテンツ業界ですが、制作部門のコンテンツ・プロバイダーと流通...

≫続きを読む

 

ウェブ・コンテンツ業界の市場規模について

2011年、ウェブ・コンテンツの売り上げは8,828億円となり、このうちの60.7%をインターネット広告が占めていました。一方では、インターネット広告市場が、8,000億円に上るといった調査結果も出ており、市場規模がさらに拡大している可能性があります。市場規模は8,828億円「デジタルコンテンツ白書...

≫続きを読む

 

拡大し続けるインターネット広告

ここでは、ウェブ・コンテンツ業界におけるビジネスモデルについて細部に渡り見ていきたいと思います。まずは、広告型のビジネスモデルに注目し、電通が調査したインターネット広告について触れてみます。インターネット広告の勢いが止まらない電通の調査によると、このところ伸び悩んでいた日本の広告費は、2012年に久...

≫続きを読む

 

台頭してきたソーシャル・メディア(SNS)

2012年、日本におけるソーシャル・メディアの利用者は5,060万人で、なんと4年前のおよそ2.6倍に増加しました。ソーシャル・メディアには、広告により収益を得るものとゲームにより収益を得るものがあります。友人らと共有されるメディアこのところ、インターネット業界においてソーシャル・メディアが急激に拡...

≫続きを読む

 

YouTubeやニコニコ動画などの無料動画配信サイトが人気

有力なウェブ・コンテンツの1つとして、無料動画配信があります。無料動画配信サイトには、広告収入で収益を得ているものや、動画コンテンツを販売して収益を得ているものがあります。圧倒的人気のYouTube有力なウェブ・コンテンツの1つとして無料動画配信があり、なんといってもGoogle傘下のYouTube...

≫続きを読む

 

電子書籍サービスが急拡大している

昨今、電子書籍が世間の話題となっており、その中で電子書籍配信プラットフォームの主導権を賭けた争いが勢いを増しています。しかし、なかなか勝敗は決まりません。2017年には3,696億円市場に電子書籍の売上高は、2017年には電子雑誌・新聞コンテンツを含みなんと3,696億円に上ると予想されています。2...

≫続きを読む