コンテンツ別・流通別市場規模の推移

コンテンツ別・流通別市場規模の推移

このエントリーをはてなブックマークに追加  

コンテンツ業界の市場規模の内訳を見ると、マスコミ4媒体関連のコンテンツ割合が大きいことが分かります。経年を見るとインターネット、フィーチャーフォンの成長が際立ちます。

 

コンテンツ別・流通別市場規模の推移

 

詳細コンテンツ別市場規模

 

コンテンツの種類を詳細化して、市場規模と構成比を示しています。市場の大部分はマスコミ4媒体メディアを通じたコンテンツです。特にテレビ放送、新聞、雑誌がシェアが大です。映像ソフト、音楽ソフト、書籍の割合も大きくなっています。

 

しかし、従来型コンテンツは、経年変化では減少傾向です。11年はテレビ放送・関連サービスは拡大しています。しかし、新聞・雑誌・書籍は売上、シェア共に大幅後退が見られます。

 

 

流通別市場規模の推移

 

流通別のコンテンツ市場規模推移です。経年拡大傾向は、ネットワークです。02年の1964億円から11年には8826億円と約4.5倍です。しかし、ネットワークのコンテンツ全体の割合はまだ高くはありません。

 

07年ピークの往相軽油コンテンツは2年連続拡大です。11年は3兆6980億円でした。パッケージと劇場・専用スペースは縮小傾向です。フィーチャーフォンは拡大傾向から11年は縮小に転じました。

 

スポンサーリンク

 

デジタル・コンテンツの市場規模

 

情報はデジタル・ビット化を続けています。コンテンツ全体のデジタル・コンテンツの存在感は高まりつつあり、この傾向は今後も続きます。

 

7兆6444億円の市場規模

 

11年度のデジタル・コンテンツの市場規模は、7兆6444億円でした。これはコンテンツ市場の63.5%に当たります。また別の表現では、コンテンツのデジタル化率を表しているともいえるものです。04年は30.6%でした。7年間で約2倍に達しています

 

コンテンツ市場は下降傾向となっても、デジタルコンテンツは拡大しつつあります。04年3兆8780億円と比較し、11年の市場は約2倍です。コンテンツのデジタル化の項目別比較です。このグラフからは動画が市場の牽引役です。11年では市場規模4兆2741億円です。デジタル・コンテンツ市場の55.9%のシェアです。

 

 

音楽のデジタル化のみ停滞

 

「静止画・テキスト」も年々拡大傾向です。11年は04年よりも5000億円増かの1兆1038億円です。「ゲーム」は08年、09年と前年割り込みで底値でした。そこから拡大し11年は1兆2354億円の市場規模となりました。

 

「音楽・音声」が06年より下降線です。11年は1兆311億円でした。この分野は苦戦が続きます。

 

 

マスコミ4媒体
新聞・雑誌・テレビ・ラジオをマスコミ4媒体(または4大マス媒体)と呼ぶ。四マスと略称する場合もある。



このエントリーをはてなブックマークに追加