コンテンツ業界の全体像について

全体像について記事一覧

コンテンツとは?意味や種類について紹介

コンテンツとは、情報の内容や中身のことです。具体的にいうと、人間が創造活動をしますが、それによって生み出された教養や娯楽に関する文字、音声、映像や、これら組み合わせを指しています。コンテンツの一般的な意味について一般的には、コンテンツというのは、「(考え方や本の)内容・中身」をいいます。ここからコン...

≫続きを読む

 

メディアに依存しなくなったコンテンツ

従来は、メディアとコンテンツは同じ範疇でした。しかし、デジタル化(ビット)の進展によって、特定のコンテンツが特定のメディアに依存しなくなってきています。メディアとは?よく混同されたり同義語的にメディアは扱われます。コンテンツは、伝達するために仲介する手段が必要です。この手段は、媒体といい英語ではメデ...

≫続きを読む

 

コンテンツ業界の市場構造について

コンテンツ業界の市場構造は、コンテンツ制作、流通に2分して考えると分かりやすいです。コンテンツを利用する装置もコンテンツ業界に含まれます。コンテンツの種類と流通経路コンテンツをその内容と流通経路で分類する方法を見てきました。他の言い方では、これはコンテンツの製作とコンテンツの流通に区分けしているので...

≫続きを読む

 

コンテンツ別・流通別市場規模の推移

コンテンツ業界の市場規模の内訳を見ると、マスコミ4媒体関連のコンテンツ割合が大きいことが分かります。経年を見るとインターネット、フィーチャーフォンの成長が際立ちます。詳細コンテンツ別市場規模コンテンツの種類を詳細化して、市場規模と構成比を示しています。市場の大部分はマスコミ4媒体メディアを通じたコン...

≫続きを読む

 

メディア・ソフトと市場規模の推移

総務省情報通信政策研究所で、日本のコンテンツ業界の調査を行っています。この調査の結果、コンテンツ業界の市場規模は、11兆2931億円(10年)です。総務省による市場規模の調査前回までは、「デジタルコンテンツ白書2012」に基づく市場規模でした。これとは別に、総務省情報通信政策研究所が日本のデジタルコ...

≫続きを読む

 

注目すべき日本のソフトパワーとは?

コンテンツ業界が注目されるのは、その市場規模と潜在成長能力だけではありません。コンテンツ業界のソフト・パワーにも大きな注目が集まっているのです。コンテンツの魅力とは?ソフトパワーは、ハーバード大学ケネディスクールのジョセフ・ナイ教授が提唱したものです。「強制や報酬ではなくて、魅力によって望む結果を得...

≫続きを読む