音楽業界の構造について

音楽業界の構造について記事一覧

音楽業界の現状や市場構造について

コンテンツ業界の10%は、音楽業界が占めています。その歴史は古く、その時間の流れの中で、業界構造が形成されてきました。音楽業界の制作過程とは?コンテンツ業界は、制作と流通に分けると考えやすいのですが、音楽業界もまた同じです。音楽業界の制作は、原版と呼ばれるレコード,CD、テープなど音源を収録したもの...

≫続きを読む

 

オーディオ・レコードの売上は減少傾向

パッケージ型音楽ソフトであるオーディオ・レコードの売上は、下降線をたどります。パーッケージ型音楽コンテンツは、大苦戦です。総生産枚数は2億枚オーディオ・レコードは、パッケージ型音楽ソフトの総称です。これには、CD、アナログ・ディスク、カセットテープが含まれます。1998年では4億8000万枚、11年...

≫続きを読む

 

音楽出版社とは何か?

音楽出版社は、作詞家、作曲家、楽曲ごとに著作権契約を結びます。契約した楽曲のプロモーション(利用促進)をし、著作権料を得るのです。音楽出版社は業界のキーとなっています。音楽出版社の定義とは?音楽出版社協会(社団法人)の資料では、音楽出版社の歴史は16世紀まで遡れます。最初のビジネスは作曲家から楽譜を...

≫続きを読む

 

フィーチャーフォン向け音楽配信が低迷している現状

日本レコード協会調べで、11年度フィーチャーフォン向け音楽配信の市場規模は583億円で前年度比78.0%と大幅後退です。この原因は、スマートフォンにあります。激減しているフィーチャーフォン向け配信事業フィーチャーフォン対象の売り上げ実績と販売数量を顕します。この音楽配信では、[着うた」「着うたフル」...

≫続きを読む

 

無料動画配信サービスがコンテンツ業界に与える影響

無料動画配信サービスが、音楽の聴取に大きな影響を及ぼしています。音楽業界は、この無料配信サービスとの付き合い方が問題で、どう付き合うか問われているところです。購入のフックになる無料動画配信サービス「未知アーティストの楽曲を購入するきっかけ」のアンケート結果によると、従来のテレビなどの従来型と無料動画...

≫続きを読む

 

音楽ビデオソフトとコンサートが好調

オーディオ・レコードが減少傾向ですが、音楽家やレコード会社は他の収益を探します。音楽ビデオソフトの販売やコンサートの市場規模拡大はその表れです。音楽ビデオソフトの販売拡大近年は音楽ビデオソフト販売やコンサート市場は活況を呈しています。音楽ビデオ生産金額と数量は、05年より右肩上がり、10年に少し減少...

≫続きを読む