モバイルコンテンツ業界の構造について

モバイルコンテンツ業界の構造について記事一覧

フィーチャーフォン向けコンテンツ業界の構造について

ガラケーと称される従来型の携帯電話のことを、最近ではフィーチャーフォンと呼びます。また、携帯電話会社のことを通信キャリアといいますが、フィーチャーフォン向けのコンテンツ業界では、この通信キャリアが大きな力を持っています。モバイル・コンテンツの制作と流通フィーチャーフォン向けコンテンツ業界では、コンテ...

≫続きを読む

 

スマートフォンの進展について

モバイル端末の利用は、今や普通の携帯電話いわゆるフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が猛スピードで進んでいます。スマートフォンの成長に伴い、フィーチャーフォンの市場規模が縮小しているのです。スマートフォンの販売傾向について2011年の世界の携帯電話の販売台数は、17億7500万台にのぼります...

≫続きを読む

 

スマートフォンを使ったオフラインマーケティング

スマートフォンや無線ネットワークの発展は、マーケティングに大きな影響を与えています。O2Oというインターネットを手掛かりとして実際の店舗に呼び込む手法が今、注目されています。クリック&モルタル→O2Oへオンライン上の販売促進活動から顧客を実際の店舗に呼び込み、購入を促進させる仕組みがオンライン・ツー...

≫続きを読む

 

ショールーミングの対策や今後の傾向について

オフラインからオンラインへと顧客を導き、購買を促す方法も注目され始めています。グーグルが開発したグーグル・ショッパーもそのひとつで、ショールーミングという言葉も世に生み出しました。O2Oのもうひとつの在り方O2Oと言えば、通例では「オンライン・ツー・オフライン」を意味します。逆に、オフラインからオン...

≫続きを読む

 

ビッグデータと行動ターゲティング広告の今後や問題点

インターネットで収集されたビッグデータは、主に広告分野で使われてきました。その中で、「行動ターゲティング」という手法があります。これはユーザーのウェブ上の行動記録から適切な広告をそのユーザーに対して表示させるものです。行動ログから適切な広告を表示させるインターネットから収集されたビッグデータは、広告...

≫続きを読む

 

インターネットはマーケティング・インフラへ

モバイル環境が発展し、インターネットはまさに地球全体を網羅するようなものへと広がりを見せています。生活のインフラとして、社会のインフラとして成長し続けるインターネットは、巨大なマーケティングのインフラとしても動き始めています。生活インフラ化・社会インフラ化が意味するもの通信のインフラとして始められた...

≫続きを読む