ゲーム業界の市場構造について

ゲーム業界の市場構造について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ゲーム業界での主力企業は、ハード(ゲーム機)メーカーとソフト(ゲームソフト)メーカーです。また、ゲームの種類も多様化しており、@家庭用ゲーム、Aオンラインゲーム、Bアーケードゲームなどがあります。それぞれ違った経路で流通し、ユーザーも異なります。

 

ゲーム業界の市場構造について

 

ソフトメーカーとハードメーカー

 

ハードメーカーとソフトメーカーは、ゲーム業界における中心的な存在です。。家庭用ゲーム機メーカーで有力なのが、任天堂、ソニーエンタープライズ、Microsoftといった企業です。また、アーケードゲームを専門とした企業も存在します。

 

一方、ゲームコンテンツそのものを開発するのがソフトメーカーです。任天堂は、ゲーム機本体のみならず、ゲームソフト開発にも力を発揮しています。「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」でお馴染みの、スクエア・エニクスも主力企業の一つです。

 

また、ソフトメーカーとアーケード機器メーカーを兼ねている企業もあります。カプコン、セガ、タイトーといった企業がそれにあたります。

 

 

流通経路は種類によって異なる

 

ゲームには、@家庭用ゲーム、Aアーケードゲーム、Bオンラインゲームの三種類の形態があります。そして、それぞれが違った経路で流通しています。家庭用ゲーム機がユーザーの手に届くまでには、卸や小売店、ネットショップなどを経由します。

 

アーケードゲームは、アーケードゲーム専門の会社やソフトメーカが、代理店を通してゲームセンターへ販売し、ユーザーに提供されます。オンラインゲームについては、ゲームコンテンツがネット上にアップされるため、ユーザーはネットを通じてプレイすることができます。



このエントリーをはてなブックマークに追加