ゲーム業界の構造について

ゲーム業界の構造について記事一覧

ゲーム業界の市場構造について

ゲーム業界での主力企業は、ハード(ゲーム機)メーカーとソフト(ゲームソフト)メーカーです。また、ゲームの種類も多様化しており、@家庭用ゲーム、Aオンラインゲーム、Bアーケードゲームなどがあります。それぞれ違った経路で流通し、ユーザーも異なります。ソフトメーカーとハードメーカーハードメーカーとソフトメ...

≫続きを読む

 

ゲーム市場は1兆円を割り込んでいる

2011年の家庭用ゲームと業務用ゲームの市場は9680億円に留まり、ついに1兆円の大台をきってしまいました。家庭用ゲーム機市場とアーケードゲーム市場は、どちらも4年連続で前年比減が続いています。ゲーム市場は9680億円ゲーム市場規模を、家庭用ゲーム市場とアーケードゲーム市場に分けて示します。2011...

≫続きを読む

 

家庭用ゲーム機は、市場回復するのか?

ユーザーの家庭用ゲーム機離れが急速に進んでいます。それに引き換え、今後スマートフォンが急速に普及し、家庭用ゲーム機に取って代わると予想されています。家庭用ゲーム機の栄光の時代は終わりを迎えようとしているのでしょうか。家庭用ゲーム参加人口が激減家庭用ゲームの参加人口を見てみると、ユーザーが激減している...

≫続きを読む

 

任天堂やソニーのゲーム分野の現状とは?

任天堂とソニーのゲーム事業の実績を見ると、家庭用ゲーム市場の不振が手に取るようにわかります。特に、任天堂の年間売上推移はさんたんたるもので、ゲーム業界での先行きは危ういです。予想外の大幅減収・赤字転落任天堂の連結売上高の推移を示します。2008年度の売上が1兆8386億円だったのに対し、2011年度...

≫続きを読む

 

オンラインゲームからソーシャルゲームへ

オンラインゲームでは、収益を上げるために定額課金制度やアイテム課金制度をとっていることがほとんどです。そして、ソーシャルゲームではアイテム課金によって収益を上げる方法が主流です。オンラインゲームはSNSの利用へ そもそもオンラインゲームとは、インターネットにつながったPCで、ネットワーク上の他のユー...

≫続きを読む

 

ゲームセンターの店舗数減少・規模拡大の傾向

2011年度のアーケードゲーム市場は、前年比2.1%減で4660億円でした。また、ゲームセンターの数そのものは年々減少していますが、1店舗ごとの規模が大きくなっています。縮小するアーケードゲーム市場ゲームせ市場では、家庭用ゲーム市場とアーケードゲーム市場が屋台骨となっています。アーケードゲーム市場の...

≫続きを読む