映画業界の構造について

映画業界の構造について記事一覧

映画業界の動向や市場について

映画も映像コンテンツを扱う有力な業界です。制作は映画制作会社、流通は配給会社、映画興行会社、放送局、ビデオショップ、レンタルショップがあります。映画業界の制作と流通映画業界の中心は、映画制作会社です。日本では東宝、松竹、東映が国内大手3社です。海外では、ワーナー・ブラザーズ映画、ウォルト・ディズニー...

≫続きを読む

 

若い女性の支持を集める映画

12年の映画館の入場者数は、1億5516万人でした。1年に1度でも劇場で映画を見た人は、4160万人でした。参加率は40.6%です。近年は高齢者の参加率が高まっています。映画参加人口は1億5500万人映画興行収入は、横ばいです。映画業界は、観客の動向を気にしています。映画館入場者数推移は、入場者数は...

≫続きを読む

 

東宝の事業内容や業績。国内最大手映画会社の動向について。

国内の映画・映像事業で年間1120億円の収益を上げている東宝は、国内大手映画会社のトップを走っています。その他では、同じく大手の東映(784億円)、松竹(441億円)、角川(260億円)が続きます。東映の1120億円がトップ国内大手映画会社の連結売上と映画・映像部門の業績を示します。以下、国内映画業...

≫続きを読む

 

シネマ・コンプレックスとは?

映画興行市場で勢いがあるのが、シネコン(シネマ・コンプレックス)です。シネコンで日本最大のワーナー・マイカルでは、全国61か所の施設に506ものスクリーンを有しています。シネマ・コンプレックスとは何かシネマ・コンプレックス、通称シネコンとは、映画館を中心とした複合施設のことを言いますが、日本ではショ...

≫続きを読む

 

一般化した映画製作委員会

映画製作には、多額の費用が必要となります。ヒットすれば多大な利益をもたらしますが、逆に不振に終わるリスクも存在します。そこで、映画製作におけるリスクを分散するため、映画製作委員会方式が主流となっているのです。映画制作のリスクを分散映画製作のためには多額の費用が必要ですが、その作品がヒットするという保...

≫続きを読む

 

民間テレビ局の映画産業について

映画の製作にあたり、映画製作委員会の設立が主流になっています。その中でも、民間テレビ局を中心とした映画製作委員会の設立が相次ぎ、存在感が増しています。多様化している資金調達方法映画製作のための資金調達方法が多様化したことで、映画作品に対する利権が複雑に絡んでくることになります。映画製作は、もはや映画...

≫続きを読む

 

レンタルビデオ企業のビデオオンデマンドへの参入

ビデオソフト市場において、レンタル市場は大きな割合を占めています。レンタル市場での2強は、ゲオとカルチュア・コンビニエンス・クラブです。TSUTAYAとゲオの2強レンタルショップ一店舗当たりのビデオレンタル月間売上平均を示します。(日本映像ソフト協会の資料による。)月間平均総売り上げは526万円、そ...

≫続きを読む