著作隣接権の意味とは何か?

著作隣接権の意味とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

音楽家であれば指揮者・演奏者・歌手など、映画・テレビドラマ関係者であれば俳優など、そのような実演家が持つ著作隣接権というものがあります。これには、レコードを製作したりする人、放送を業として行なう放送事業者に対する権利も含まれています。著作隣接権は、広範囲に及びます。

 

著作隣接権の意味とは何か?

 

演奏家などの権利を守る

 

著作隣接権は著作権とは、微妙に異なります。著作者が作った著作物は、一般に著作者とは別の人物によってそれを求めるユーザーに伝えられることもあります。

 

一例に楽曲が挙げられます。@まず、作詞家や作曲家が楽曲を創作します。Aその楽曲は、歌手や楽器演者による演奏によってレコードなどに収録され、リスナーに届けられます。Aの行為は「準創作行為」とも呼べるもので、このような準創作行為に関わる権利を保護しようとするのが著作隣接権と言われるものです。

 

この著作隣接権と言われるものを、具体的に見ていきましょう。

 

@実演家(歌手や演奏家、俳優など)の権利

録音や録画に対する排他的権利、放送や有線放送についての排他的権利、二次利用料を受け取る権利を所有。
※民間のテレビ局は、過去のテレビ番組のマルチユースが円滑に進まないのは、実演家の権利処理がその一つの理由であるとされています。

 

Aレコード製作者(レコードやCDを製作する者)の権利

複製に関する排他的権利や二次使用料を受け取る権利を所有。

 

B放送事業者(地上放送など)、有線放送事業者の権利

複製権や再放送権などの権利を所有。

 

スポンサーリンク

 

IPTVと著作権法の改正

 

コンテンツを不正利用から守る著作権法は、著作者にとっては大変重要な存在です。しかし、人間が決めた制度ですので、世の中が変化するとともに、その内容も時代の中で合わない部分も出てきます。

 

ネット経由は放送ではない?

 

著作権法において、放送は「公衆によって直接受信されることを目的として無線通信の送信を行うこと」と定義されていました。

 

その一方で、受信者が特定のコンテンツを求めることによって自動受信されるものについては“放送”ではなく、「自動公衆送信」と分けて考えられていました。つまり、インターネット経由で放送番組を提供することも放送では自動公衆送信であるとされてきたのです。

 

しかし、「放送」と「通信」では、著作権の上では大きな違いが見られます。例を挙げると、放送の場合は、商業用レコードと呼ばれる市販の目的をもって製作されるレコードの複製物の利用に関して、許諾を受けずに利用してもあとから二次使用料を支払えば良いという取り決めがあります。

 

ほかにも、実演家や作曲家、作詞家、脚本家ら、番組制作にかかわる権利所有者に対する許諾に関しても優遇措置があります。

 

著作権法の改正で不都合が解消された

 

インターネットが世の中に普及した現在、そこで大量の映像などのコンテンツが流れるようになると、ユーザーにとっては、無線経由であろうが有線のインターネット経由の自動公衆送信であろうが、映像を見るという観点では違いがなくなってきました。

 

そこで生じた著作権法の不都合を解消するために、IPマルチキャスト(インターネット・プロトコルのデータグラムを特定の複数受信者に対して1回で送信するための方法)による放送の同時再送信についても、「放送」であると認めるようにし、2007年7月に改正法が施行されたのです。

 

現在NTTグループが運営するひかりTVで地上デジタルテレビ放送を見ることができるようになったのもこの改正法ができたためです。



このエントリーをはてなブックマークに追加