著作権法の基本構造とは?

著作権法の基本構造とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

著作物を対象とした著作者の権利である著作権は、著作人格権と財産権としての著作権の2種類に分けられます。これらは合わせて、一般的に著作権と言われています。

 

著作権法の基本構造とは?

 

著作物と著作権について

 

著作権の向けられるものは、著作者という人物が創作した「著作物」です。著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう」と著作権法において定義されています。著作物には、そのものが生まれたと同時に、著作者にも著作権という権利が発生します。

 

これまで対象としてきた記事内容についても同様、著作物の一つと考えて問題ないでしょう。著作物を創作した著作者には、著作人格権と財産権としての著作権がついてきます。この二つの権利をまとめたものが広い意味での著作権と捉えられます。

 

著作人格権と著作権

 

著作人格権

著作物について、著作者がもっている人格的権利を守るための権利。一例として、著作物の公表権や氏名表示権、内容の改変を禁止する同一保持権などが挙げられます。これら著作人格権は、著作物を作った人物に専属するもので他人へ譲り渡したりや放棄することができません。

 

著作権

著作物を利用して収益をあげる財産権。一例として、複製権や上映権、放送権は、この財産権としての著作権として守られています。次に、財産権としての著作権についてふれていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

財産権としての著作権とは?

 

著作権の権利は、大きく分けて著作人格権と財産権としての著作権の二つに分けられます。このうち、財産権としての著作権では、複製権、上映権、放送権などさまざまな権利があります。

 

著作権が認める数々の権利

 

財産権としての著作権には次のような権利が属しています。

 

  1. 複製権
  2. 上演権・演奏権
  3. 上映権
  4. 公衆送信権
  5. 口述権
  6. 展示権
  7. 頒布権(譲渡権・貸与権)
  8. 翻訳権・翻訳権等
  9. 二次著作物に関する原著作者の権利

 

主な権利の内容について

 

上記の中で、最も土台となる権利が@の複製権です。複製とは、「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製すること」であるとされています。著作物を製作した著作者は、自分が権利を持っている著作物を複製する権利を独り占めできます。つまり複製できる権利をも独占できるのです。そのため、著作者の許可を得ることなしで、複製することは不正行為となるわけです。

 

また、A〜Gについては、著作物を上演や演奏すること、放送すること、口頭で述べること、展示したり、広く配ったり、翻訳・翻案したりする権利を、著作者が独り占めできる権利を認めたものです。これまで述べたように、著作者の著作権は広い範囲にわたって権利として認められています。



このエントリーをはてなブックマークに追加